発芽玄米 注意点と発芽のさせ方

発芽玄米の洗い方
発芽玄米の芽を取ってしまわないように、
とがずに軽くすすぐ程度にしましょう


発芽玄米の炊き方
市販されているものは普通に炊飯器で炊けますが、
家で発芽させたものはボソボソ感がありますので、
圧力なべを使うといいかもしれません

あのボソボソ感がたまらないんですが^^
何回も噛み砕くことで甘くなり、満腹感をさらに味わう事が出来るので食べ過ぎるという事が防げます

普通に炊くのでしたら、追い炊きしてください


発芽のさせ方
1日かけて発芽させます

@ざる付きのボールに玄米が浸かるくらいの水を入れます
A水は1日に何度かかえてあげます
 夏は頻繁にかえてください
B日の当たらない涼しい所に置きます

翌日に洗って炊いてください

家庭で発芽させると、発芽の様子がよく分かるので
とても楽しいですよ

市販されている玄米のほとんどが
加熱乾燥されているので、発芽しない可能性があると言われていますが、十分発芽していました
(家では管理人自ら発芽させていました)

※家で発芽玄米を作る際の注意点※
精米していない米を買ってくるので、
有機栽培か無農薬のものを選んで買って下さいね




発芽玄米は凄いです

発芽玄米とは
玄米を少し(0.5〜1mmほど)発芽させたもの


発芽玄米をよく見てみると分かるのですが、
少しだけ発芽していることが確認できます

植物のスプラウト(新芽)が体にいいことは皆さんご存知ですよね

発芽させることによって
発芽に伴う代謝の中で、種子のときには含まれていなかった成分も新たに合成されるそうです

また、玄米に含まれるギャバという成分が
発芽することによって大幅にアップ
ギャバ ・神経の高ぶりを抑制する
・血液をサラサラにし、血圧の上昇を抑える
・肝臓や腎臓の機能を高める
・コレステロールや中性脂肪の増加を抑える
などの効果があるようです

また、ギャバの成長ホルモンの分泌をよくする力は、
細胞の新陳代謝をよくしてるそうですので、
美肌効果にもつながりそうです



発芽玄米は発芽したてのものをいただくのです


玄米本来の豊富な栄養素に、
発芽させることによってさらに栄養が増し、
なおかつ、玄米よりも柔らかいと言う事で、
ダイエットのみならず健康にもいいと評価されています



白米よりも低カロリーで美白効果もある発芽玄米
美容と健康のためにぜひ採り入れたい食品ですね
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。